スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道玄坂異種格闘技戦 vol.19 渋谷La.mama 6/15

今回、New House目当てで初めてlamamaにライブを見に行くことになった。構造が真ん中に柱がありあまり前には行きづらく椅子が多めにあることから後ろに人が固まってしまい、どこか淋しい雰囲気が漂っていた。

1.ROTH BART BARON
ボーカルの声がどこか中性的な憂いを帯び、独特な存在感を醸し出すことで会場をピンと張りつめた空気にさせていた。MCなどで見られた彼の様子はどこか挙動不審でいかにも表現者と言った感じである。またギターが様々な音色を出すことで曲の世界観をより深いものにしていたように思う。曲の途中から祭囃子風のリズムになったり様々な引き出しがあるバンドだと感じた。

2.New House
うわさに聴いていたとおりAnimal Collectiveのメリウェザー・ポスト・パビリオンのようにサンプラーなどを使った新曲から構成されていた。ボーカルの歌い方などあまりにもパンダベアのようで、09年に発売されたEPの曲にもあったようにポップミュージックにおいて何がオリジナルであるかということに関して批評的である彼らがこれからどのように変わっていくのか興味深い。

3.APARTMENT
アコースティックギター、鍵盤、パーカッションとシンプルな構成で淡々とした演奏。あまりにも淡々としていて特に引っかかるものがなかったなという印象です。ドラムが壊れかけのテープレコーダーズの人。

4.your gold,my pink
盛り上げ方や立ち振る舞いからはライヴ慣れをしていることがうかがえた。曲に関しては特に新鮮な驚きというものはないが一つ一つの曲にフックがあり、わかりやすく、ピロウズのような日本のギターロックバンドという感じ。
スポンサーサイト
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。