スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LIQUIDROOM 7th ANNIVERSARY presents “UNDER THE INFLUENCE” 8/6 恵比寿LIQUIDROOM 

直前になってこのライヴのことを知り、即座にチケットをとった。
それはこのイベントに出演するバンドのうちモーサム以外のバンドのライヴを観たことがないということ、そしてそれらのバンドが現在の日本の音楽シーンにおいてかなり独特なポジションに位置しており、同じイベントに出演することがレアだと思ったからである。そのことから自分はぞれぞれのバンドの間に火花が散るような熱いライヴになるのではないかと予想していた。しかし結果から言ってしまえばその予想はほぼ外れ、モーサム以外はそれぞれ気にせず自分たちの演奏に徹していたという印象だった。


にせんねんもんだい
複雑にループされるギターのフレーズと必要最低限の音しか鳴らさない単調なベース、そしてそこに不自然に切り込んでくる強すぎるドラム。ミニマルで中毒性のあるベースとドラムの上を縦横無尽に這いずりまわるようなギターのフレーズを生み出していく様は他のことなど一切気にもとめないといったような雰囲気で客のことなど存在していないかのようであったのだが、彼女たちが生み出す人工的な緊張感からは皆を異空間へとつれていくような懐の広さも感じた。

MO'SOME TONEBENDER
自分が人生でもっともライヴを観た回数が多いのは彼らだ。ほとんどファンである自分のような人間からすれば彼らについていくのはとても困難が生じるのである。それは彼らの時にこちらをスリリングな気持ちにさせ、ある時は完全においてけぼりにする流動的な音楽性のためだ。今の彼らのモードはメタルのパロディのようで今回のライヴでは他の対バンへの意識との相乗効果により異常なテンションの演奏だった。ただ悲しいことにそのようなパロディ的な感覚は今回モーサムを初めて観るという人々には理解されないため、かなり浮いてしまっていたように感じた。

envy
噂には聞いていたが圧巻のライヴだった。彼らの太い芯でつらぬかれた演奏は圧倒させられる。またモーサム同様それぞれの楽器の区別はつかないくらいの爆音なのであるがモーサムのようにぐしゃぐしゃにならず、きちんと輪郭のある一つの塊として緻密に構成されていたのはさすがである。

FRICTION
伝説のバンド、そして初めて観る中村達也のドラム。否応にも期待は高まるわけだがPAなのか技術的な問題なのかベースの音が埋もれ気味だったのは残念だった。それでもCRAZY DREAMやゲストとしてモーサムの百々を招いてのBIG-S、ZONE TRIPPERなど見どころがあって楽しめた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。