スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BLACK LIPS/VIVIAN GIRLS 2011 7/2 渋谷WWW

来日した二組のバンドをガレージパンクという昔ながらのジャンルで無理やりくくることもできるかもしれない。しかし、新譜やライヴでの彼らの音楽にはそういったジャンルを超える音楽愛や一過性の流行りとは無縁ながらも孤立することなく多くの人々に愛されるような人懐っこさが溢れている。そして今回初めて生で見ることが出来たライヴにおいてもそのような要素はもちろんのこと、久しぶりにライヴバンドだけが見せてくれる疾走感やグルーヴを味わうことが出来た。

まず最初に日本代表としてトクマルシューゴも参加しているGellersが登場。彼が世界でも活躍しているということもあって海外のバンドとの対バンでも安心できる。ただバンドの風貌はどこか初々しく若手バンドのような野心を強く感じた。そして演奏はハードコアもありポップもありと折衷的でごちゃごちゃとしてしまいそうだがそれぞれプレイヤーに確固とした技術や個性があり見ているとそのような音楽性が必然的であるように思えて面白い。彼ら自身が「リーダー不在のバンド」と言うように三人がボーカルとなりながらも誰かが前に出すぎたりすることのない一つのバンドとしての力の強さがそこにはあった。

そしてVivian Girlsの三人が淡々とステージに現われた。飾ることのないその姿にまず心が奪われる。三人それぞれのキャラクターはかなりばらばら。ギターは最もロック的部分を担っていてギターソロや歌う時の髪を振り乱す様子はカートコベイン風で今までどんな音楽を聴いてきたのかよくわかる。ベースは三人中最も愛想がよく曲が終わった後の声色がギターの声色とのギャップが激しく思わずうっとりしてしまった。ドラムは頑張ってついていっているようだった。演奏においてはペナペナではあるが独特の熱をもつギターの音色や生々しいベース、疾走するドラムなどから彼女らの素直さ、本気度がひしひしと伝わってくる。印象的だったのはギターとベースの二人が中央に集まりドラムのカウントで曲を始めようとする時のこと。まずそんなことはしなくたって曲は始められるはずであるが彼女らのその時の集中力、緊迫感、マイクへ向かうスピードなどは尋常ではない。そしてドラムがへばってカウントに失敗したときでも他の二人は笑ってごまかそうとせずにそのまま集中力を維持してもう一度無言でドラムを見続けていたのである。彼女らを単なるガールズバンドと考えるのはあまりにも単純だ。彼女らに妥協が一切ないこと、そしてライヴの見せ方からわかるプロ意識は他のどのバンドよりも大きなものだった。


Vivian Girlsの演奏が終わると少しばかりステージ上があわただしくなる。最後のBlack LipsはVIP待遇のようで気を使っているのか単純に期待が大きいのかわからないが多くの関係者がステージ上に詰め掛けている。その雰囲気に圧倒されつつもなんとなくBlack Lipsのイメージと違う仰々しさに少し拍子抜けしてしまったが、サウンドチェックはメンバー自身があらわれ、かなり真剣にスピーディにこなしているのを見ると安心した。

そしていざライヴが始まってしまえばイメージ通り、いやイメージ以上に自由奔放、やりたい放題(まったく悪い意味は含まれていない)のBlack Lipsのライヴが展開されたのである。ギターの二人がド派手にビールを吹き出してスタートしたライヴは全篇にわたって、ほとんど演奏自体には関係ないがBlack Lipsにとってはあまりにも重要なBad Kidsな行動が披露された。例えばギターのColeは自分で空中やギターの背面に吐いたつばをキャッチしたり、酔っぱらっていたのか嘔吐したり、フロントに立つ三人は皆、ビールの缶を入ったままの状態で踏みつぶして客席にけり上げたりなど数え上げたらキリがないほどである。自分は普段の生活でそのような行動をあたりまえだがすることはないしどちらかと言えば顔をしかめるタイプの人間なのだが彼らのそんな行動には人を嫌な気分にさせることはない。それを見ている自分は不思議と心の底から楽しい気分になるしすっかり彼らのとりこになってしまった。もちろんそんなぶっとんだ行動ばかりだけでなく演奏面においてもライヴバンドの素晴らしさを痛感させてくれるものだった。ベースのJaredは客席に乗り出すように前のめりで歌い、Coleはハチャメチャな行動を見せながらも意外と安定したギタープレイを見せてくれたし、ドラムのJoeは頭を振り乱しながらキースムーンのようなプレイを見せてくれた。そして“Bad Kids"ではお約束のトイレットペーパー投げもあり、最後は“I Saw a Ghost”でColeがスピーカーによじ登り色々見せてライヴは終了。彼らの一体感はやはりその前の二組に比べても圧倒的であり、他の何ものも寄せ付けないような勢いや力強さを感じた。

最後にアンコールはなかったがライヴが終了するとすぐにVivian GirlsとBlack Lipsのメンバーはフロアで客と交流していた。一人で来ていたし英語もしゃべれない自分は話しかけることはできなかったがそれがかなり悔しいと思えるほど客との距離が身近に思えるアーティストであるように思う。

道玄坂異種格闘技戦 vol.19 渋谷La.mama 6/15

今回、New House目当てで初めてlamamaにライブを見に行くことになった。構造が真ん中に柱がありあまり前には行きづらく椅子が多めにあることから後ろに人が固まってしまい、どこか淋しい雰囲気が漂っていた。

1.ROTH BART BARON
ボーカルの声がどこか中性的な憂いを帯び、独特な存在感を醸し出すことで会場をピンと張りつめた空気にさせていた。MCなどで見られた彼の様子はどこか挙動不審でいかにも表現者と言った感じである。またギターが様々な音色を出すことで曲の世界観をより深いものにしていたように思う。曲の途中から祭囃子風のリズムになったり様々な引き出しがあるバンドだと感じた。

2.New House
うわさに聴いていたとおりAnimal Collectiveのメリウェザー・ポスト・パビリオンのようにサンプラーなどを使った新曲から構成されていた。ボーカルの歌い方などあまりにもパンダベアのようで、09年に発売されたEPの曲にもあったようにポップミュージックにおいて何がオリジナルであるかということに関して批評的である彼らがこれからどのように変わっていくのか興味深い。

3.APARTMENT
アコースティックギター、鍵盤、パーカッションとシンプルな構成で淡々とした演奏。あまりにも淡々としていて特に引っかかるものがなかったなという印象です。ドラムが壊れかけのテープレコーダーズの人。

4.your gold,my pink
盛り上げ方や立ち振る舞いからはライヴ慣れをしていることがうかがえた。曲に関しては特に新鮮な驚きというものはないが一つ一つの曲にフックがあり、わかりやすく、ピロウズのような日本のギターロックバンドという感じ。

踊ってばかりの国 SEBULBA TOUR 下北沢SHELTER 6/10

今、最も成長著しく、そして大きな期待を寄せることができるバンド。

自分が短期間で3回ライヴに足を運ぶことで感じたことはとてもポジティヴなイメージである。

ネガティヴな出来事であるギタリストの脱退は彼らにとってさほど重要なことではなくむしろ興味がないまたはとっくに過去のこととして忘れ去られているかのようである。

なぜそのように自分の目に映ったか。それは単純に彼らの活動がこちらがおいてけぼりをくらうほどの速さで前に進んでいるからだ。今年出たアルバムのツアーの東京公演であるその日のライヴでは多くの新曲が演奏され(その時はタイトルなどは言わなかった)おそらく最近ファンになったであろう人(自分もそう)が聴きたがるであろう「悪魔の子供」は期待を良くも悪くも裏切るアコースティックでカントリー風の曲調のアレンジに変更された形でかつ飄々と演奏された。またアルバムから演奏されなかった曲もいくつかあった。

かといって失望を感じさせなかったのはその新曲やアレンジが今後の方向性として期待感を高めるものだったからであろう。またこの日はボーカルの声も良く出ていたし、ふりしぼるように歌う姿は迫力があって彼が歌い手として持つ底知れぬ力を予感させた。

おそらくこれからますますチケットがとれなくなるであろうこのバンドは多くの人々の期待を集めながらもそれを背負うのではなく巧みにすり抜け、違った驚きを与えていく、そんなバンドになっていくのではないだろうか。

Lillies and Remains Transpersonal Tour   5/22  代官山UNIT

Lillies and Remainsはこれまでは主に音源に軸を置き、またそこで評価されてきたバンドである。つまりアルバムは発売されるたびに話題になるのだがライヴにおける評価は見えてこなかった。それはこのバンドのボーカルであり、創設者であるKENTがあまりライヴをすることに興味を持っていなかった、またはバンドのメンバーが流動的であり演奏に安定感が生まれづらかったことがあるからかもしれない。そして最も大きな要因は彼らの持つコンセプトだろう。メンバーのキャラクターは謎めいていてそれがバンドに神秘性を与えていたがライブにおいてはファンとの距離が遠のかせているような印象だった。

しかしこのツアー、そしてこの日のライヴでLillies and Remainsは大きく変わったのではないだろうか。

オープニングアクトの世界的なバンドが会場の緊張感を高めるとすぐにリリーズのライヴが始まった。

曲は新旧織り交ぜこれまでのベスト的な選曲。

演奏はメンバーが固定されツアーを周ったことで一体感や安定感は急激に増していた。そのため曲の強弱や表情に幅が生まれ、本来曲が持っている魅力が引き出されていたように思う。またそれぞれのパートの音のバランスもこれまでならボーカルが埋もれていたり、ギターの音が目立っていたりしていたのだが改善されて聴きやすくなっていた。

今回、みられた変化は演奏面だけでなくワンマンライヴということもありMCが増えていたことも大きい。MCがあることでバンドとファンの距離が縮まり、ライヴの熱気も高くなっていた。それぞれがしゃべる姿を見ることすら初めてで貴重だった。彼らのMCで印象的だったのは皆、口々にこんなに人が集まると思っていなかったのでうれしいというようなことを言っていたこと。それまで謎めいていたような彼らの本音が聞けたような気がしたのである。

後半、joy divisionのカヴァーした時も「これまで似てると言われ続けてきた」「実際は宅録で小さく低い声しか出せなかっただけなのに」(joy divisionのボーカルは低音が特徴)と言っていてそこも素朴な印象を受けてなんとなくうれしくなってしまった。

バンドとして演奏面が向上しライヴバンドとしても力をつけていた。また今回のライヴを観てバンドとファンの距離というものも考えさせられた。彼らがこれからコンセプト重視でクールな印象を保つのもよいと思うが、今回のようにそれぞれのメンバーのキャラクターを出していっても面白いなと思う。

いずれにせよ今回のライヴで初めて自分はリリーズのファンであると自覚することができたのである。

ステキのテーマ おとぎ話/ひとりTOMOVSKY/踊ってばかりの国 新代田FEVER 5/20

おとぎ話の企画するイベント。彼らの呼んだ、二組のアーティストの親子ほど離れた年齢、音楽性から考えてみても彼らの交友の広さがうかがえる。

最初は踊ってばかりの国。相変わらずふてぶてしいボーカルであったが以前観た時よりもドラムがはきはきとしゃべりカヴァーしていたようだ。今回は新曲が多く、そこからは踊ってばかりの国の変わっていく面と変わらない面が表れていた。リズムにおいてはより多様になりつつもギターロックのようにわかりやすいところもあり曲の幅は広くなっている印象を受けたが、歌詞においては今までのように生と死、特に死に関する漠然とした恐れのような面は変わっていないようである。

ひとりTOMOVSKYはその名の通り弾き語り。ぐだぐだなようであるがしっかり客をひきつけるMCと即興の歌も面白かったが持ち歌での彼の声と少年の夢のようなロマンチックな歌詞はその場の空気を変える力がありさすがベテランだなと感じた。

おとぎ話はやはり持っている力はかなり大きいものであると今回は改めて思った。演奏力やメンバー同士の息が合っていることはもちろんのことボーカルの声の包容力やあたたかさはこのバンドにとって大きな力となっているだろう。

アンコールでは踊ってのボーカルの下津さんが出てきて最近はほとんど演奏していないと思われる「悪魔の子供」が演奏された。おとぎ話の中で歌われるその曲はもともとあった殺伐としたイメージが薄まり、かなり楽しげな印象を受けた。
そして最後にはTOMOVSKYも加わり下津さんはギターで参加。踊ってばかりの国で歌う姿よりもかなり楽しそうだった。
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。